エコー施術

体成分組成形-InBody470-

  • エコー施術イメージ1
    InBody470とは?

    年齢・性別入力を排除した体成分分析装置

    通常の体組成計は年齢や性別毎の統計的な体成分の情報で測定値を補正しています。 そのため、測定時に入力した年齢や性別等によって、すべての測定結果を一般化しているわけです。例えば、図のような一般的な情報が適用されると、高齢の人が頑張って筋肉量を維持しても、測定結果は年齢を重ねるたびに筋肉量が減るわけです。

  • エコー施術イメージ1 エコー施術イメージ1

    InBody470では...


    InBodyは性別や年齢などの統計的な情報で体成分の結果を補正しません。
    身長・体重と実測したインピーダンスの身に基づいて体成分を算出するため、見逃しやすいわずかな体成分の変化まで感知します。
    これは体成分の変化を継続的にモニタリングする治療や、
    研究を目的とした分野では欠かせない技術です。


  • エコー施術イメージ2
    InBody点数

    あなたは何点?

    InBody点数とは体成分の状態をわかりやすく点数化して表示します。筋肉量と体脂肪量の均衡を基に評価しています。


    ①体成分分析

    〇体水分量...少なくなれば血液がドロドロになったり、足がつりやすくなったりします。
    〇タンパク質...少ないといくら筋力をあげようとしても筋肉がつきません。
    〇ミネラル量...カルシウム、鉄分、マグネシウム、カリウムなど取りにくいのですが、細胞の働きに必要な成分です。


    ④⑤部位別筋肉量、部位別体脂肪量

    ④、⑤では部位別筋肉量と部位別体脂肪量を見ることができます。
    部位別筋肉量とは...
    現在の体重に対する各筋肉量の多さを確認できます。
    上下半身の筋肉の発達程度や左右の均衡がわかるので、運動量の判断基準になります。
    部位別体脂肪量とは...
    標準体重に対する各体脂肪量の多さを評価します。身体のどの部分に体脂肪が多くたまっているかわかるので、運動療法の参考になります。

低濃度オゾン発生装置-Airness-

  • エコー施術イメージ1
    Airnessとは?

    オゾン(O3)は酸素原子3つから成る非常に酸化力の強い物質です。
    オゾンは水や空気などの汚れや臭いに抗するため浄水場をはじめ多くの場面で活用されています。
    Airness(エアネス)は部屋の空気から低濃度オゾンをつくり、同時に発生するイオン気流で拡散させます。
    小型・軽量・静音仕様で利用シーンの可能性を広げます。

  • エコー施術イメージ1

    Airnessは医療の分野でも活躍しています!


    医療機関では病室や廊下などの療養空間、トイレや汚物処理室などの排泄物を扱う場所、手術室や救急外来など特殊な診療を行う場所など多様な場面で空気環境に対する課題が認識されています。
    高齢者施設や動物病院なども医療機関と同様に空気環境への懸念があり、臭い対策を含め快適性や安全性への配慮として
    低濃度オゾン発生装置が活躍しています。

エコーでの観察

より詳しく症状を知りたい
施術の経過を確認したい

このような患者様の声を受け、当院ではエコー施術をご用意しております。
レントゲンでは写らない細部まで写すことができ、かつ安全な施術方法です。
ここではそのエコー施術について、ご説明いたします。

  • エコー施術イメージ1
    症状、施術経過の可視化

    機器を通し、画像化するため、普通では目視できない骨の表面や、筋肉、靭帯、関節の動き、炎症の状況なども確認することが出来ます。
    これにより、どんな症状が起こっているのか、また施術によってどれほど改善してきたのか、その経過を目で見て確認できるようになります。
    ※右の図は【右側指の突き指】です。

  • エコー施術イメージ2
    細部まで映し出す

    血液の状態まで写しだすことが出来ます。
    この特徴を利用し、骨折、打撲、捻挫、肉離れなどの怪我や炎症の経過観察を視覚化することができます。
    ※右の図は【膝に水がたまったが回復している状態】です。

  • エコー施術イメージ3
    リアルタイムでの観察が可能

    その場で関節や筋肉の動きまで確認することができます。
    画面を見ながら説明を行うため、より詳細な説明と、患者様の理解に役立ちます。

  • エコー施術イメージ4
    高い安全性

    超音波であるため、人体への悪影響はございません。
    その証拠に、産科でも同じ技術が使われています。
    経過の観察のために、何度でも、安心して使用していただけます。

JOYトレ

  • JOYトレとは?

    横になりながら最新技術の電気を使い、腹筋の深部にアプローチしインナーマッスルを鍛えることができるものになっています。

ashibra

  • ashibraとは?

    アシブラサポーターとは足裏を安定させることで正しい歩行、正しい姿勢へと導くために開発された足首に装着するサポーターです。

    足の裏の感覚は人の基本動作の『姿勢維持』と『歩行』に密接に関係しています。
    足自体が硬くなったり、機能が低下していると、しっかり立つことや歩くことにも影響が出てきます。

    実際、当院ではこの『ashibra』の販売前は足底板を使用していました。

    足底板を否定するわけではありませんが
    家の中で靴を脱いでしまうと効果がなくなってしまう。成長期のお子さんに何度も作り変えないといけない。他の靴に合わない事があるなどの問題点があり、経済的にも患者さんの負担が大きく、なかなかお勧めしにくい面もありました。

    しかし、この足ブラなら家の中でもつけることが出来ます。
    成長期のお子さんも付け直せば、かなりの期間、買い替えは必要ありません。

    私自身も足の外側に負担が掛かる癖があり走るとふくらはぎの外側が良く攣っていましたが足ブラをつけて3か月で改善し足の小指にも力が入るようになりました。

    装着するだけで体が変わります。一度、お試しに来てください。

    身体に悩みのある方90%以上が体感!!

    ashibraの主な効果

    • ① 骨盤の歪みを整え正しい姿勢へと導くことで腰痛や膝、股関節の痛みの改善につながります。
    • ② 指、足底筋が自然に鍛えられ健康的な美脚が目指せます。
    • ③ 首のバランスが安定することで運動能力の向上に期待できます。
    • ④ 女性の方の多くのお悩みでもある浮き指やO脚、外反母趾などなど脚以外でも肩こりや背中の痛み、むくみ、冷え症、脚の痺れなどにも効果が期待できます。
    ashibraをご使用されたい方はお気軽にお尋ねください。
    当院では無料体験して頂いています。

Multi cuff care -マルチカフケア-

  • MCCとは
    MCCとは?

    血流を止めて一時的な低酸素状態を作り出す機械です。
    低酸素状態になると体内では
    ・毛細血管の拡張
    ・自律神経の活発化
    ・ホルモン分泌の促進
    ・血管の強化
    ・血流の改善
    などの変化が起こります。

  • MCCとは
    低酸素状態だと何が良いの?

    血液を一定の時間止めて再度流すことを繰り返す事をRIPと言います。
    ・怪我の早期回復・抗炎症
    ・神経痛・しびれの改善
    ・筋肉痛・筋肉の緊張緩和
    ・膝、肘などの関節痛の改善
    ・冷え性・美容・免疫向上
    ・歩行の安定・認知機能の向上
    等の効果が期待できます。

  • RICの有効性1
    RIPとは?

    RIP=局所的・遠隔的虚血コンディショニング
    RIPをヨーロッパでは心臓発作の患者に搬送中の救急車内でも行われています。
    RIPを行うことで少しでも酸素を体中に送ることにより体のダメージを減らします。
    また、RIPを通常時から行うことで心筋梗塞や脳梗塞が起こった際にも体のダメージ が減ると報告されています。

  • RICの有効性2
    RIPは他にも…

    低酸素状態でトレーニングを行うと効果的に筋量を増やすことができます。

    低酸素トレーニングは普段使われていない
    高出力(速筋)を優先的に使用します。
    その為、短時間・短期間・低負荷でしっかりとした
    効果が得られます。

    プロスポーツ選手では短時間で
    ワークアウトすることが出来ます。
    高齢者や運動を苦手とする方にも低負荷で安心に筋力の増強が出来ます。
    ※MCT=マルチカフトレーニング=血流を止め低酸素下でのトレーニングの事
    ※MCTはjaxa(宇宙航空研究機構)でも無重力下で急速におこる筋肉低下を阻止する為に利用
    されています。

    ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

line

facebook

あおぞら整骨院ブログ

主な施術内容

  • エコー施術
  • Q&A
  • 患者様の声

当院へのアクセス

院外観写真
■住所
京都府京都市右京区西京極堤町35-1ベルビスタ1F-B
■TEL
075-325-5725
営業時間(月火水金)
9:30-12:30 16:30-20:30
営業時間(土)
9:30-12:30 14:00-16:30
休診日
木・日・祝